地域マネジメント学会
会長 黒川 弘
((公益財団法人)自転車駐車場整備センター特別参与、元三重県副知事・建設省都市局長)









































事務局長 阿部 力也
(明治大学法科大学院教授)













ご挨拶


 平成29年度の当学会のHPの拡充強化にあたり、会長としての挨拶を申し上げます。
 当学会は13年前の平成16年4月、我々の生活の原点である地域社会のマネジメントについて、次のような新たな学問体系の構築と実践を目指し、大学等の研究者、行政や司法の関係者、事業者等の実務的な活動者、有識者等の幅広い期待を担い設立されました。

@ 都市・地域・地区(以下「地域」という。)を形成するハードとソフトの資産体系の適切な経営管理に関し、国際的な視野のもと幅広い学問的、科学的、実務的な調査研究を行う
A これらの分野に携わる大学などの研究者、企業・行政関係者、有識者、有資格者等による研究成果の発表と相互交流を行う
B ストック時代における地域資産の適正かつ有効な利活用を図り、防災防犯、情報システム、環境、福祉、伝統文化の承継等の諸問題についての課題を整理する
C 地域資産に係る関係の有資格者等の資質の向上と育成に寄与する
D 地域の経営管理に係る総合的な学問体系の確立、発展を期する
 そして、その実践のため毎年、講演やシンポジュウム、学術論文の執筆と学術大会での発表、学術学会誌の発行、見学会等を総合的に実施し、最近では、講演等のテーマでも「人口減少都市からの脱却豊島区の挑戦」「空き家と地域マネジメント」「地球温暖化と東京への影響」「防災を含むさいたま市の街づくり計画」などその時々の社会問題に取り組んきました。また、これらの情報発信では、一昨年以来論文の査読の強化を含む「創立十周年記念論文集」の発行、学会活動報告の学会誌と学術論文集を一体化した新学会誌「地域マネジメント研究」の発行に取り組み、ISSN対応を含め内容を充実し、また、HPも大幅に拡充強化しました。

 現下の我が国は、成熟社会、人口減少社会、少子高齢化社会、財政健全化目標、産業や観光等のグローバル化への対応、熊本地震や北部地域での異常豪雨などの異常気象の発生、世界での紛争や体制の変化の大きな流れの中で、ヒト・モノ・カネ・ジョウホウが世界を動き回るIT社会、情報化社会にも対応できるよう、地域マネジメントの分野でも具体的な実践と相互連携を強化することが重要です。政府でも26年には「まち・ひと・しごと創生法」を制定し、地域が主体となったまちづくり、「一億総活躍社会」を推進しています。

 当学会の今後の運営につきましても、地域や住民等がそれぞれ立ち上がり、協働し、住みよく、健康増進が期待でき、自然と共存でき、多世代の老若男女が助け合う「絆・きずな社会」の構築をめざす地域マネジメントが重要だと考えます。その際、都市再生、ストックの適正保全とその有効利用や流通の推進の工夫を含め、具体的事例や制度の研究、実践活動の支援に力を入れ、特に各委員会の活動の強化と若い研究者や事業者の協力を拡充します。
 「子どもは未来と国の宝・学生さんは街の宝・働く世代は社会の宝・高齢者は地域の宝」の気持ちで、「自立と連帯」の社会の構築に貢献したいと考えます。
 (2017年4月)



事務局長ご挨拶



 地域マネジメント学会事務局長を務めます明治大学法科大学院の阿部でございます。平成29年度のご挨拶を申し上げます。専門は刑事法学ですので、一見すると、この学会とあまり関係がないように思われそうですが、「地域と防犯」、「犯罪のない街づくり」という観点から考えますと、刑事法学という領域においてもこの学会の果たす役割は大きいものがあると考えております。

 当学会も創立から13周年を迎えております。地域マネジメント学会の役割をふまえた「回顧と展望」が要請されるこの重要な時期に、事務局長という大役を仰せつかりましたことにあらためて身の引き締まる思いをいたしております。皆様のご指導の程よろしくお願い申し上げます。
 (2017年4月)



企画委員会報告



見学会報告
  報告者 企画委員会委員 鈴木恵美

平成29年10月4日(水)、平成29年度見学会を行いました。
荒川知水資料館(amoa)、旧岩淵水門、岩淵水門を見学した後、岩淵リバーステーションから災害対策支援船「あらかわ号」に乗船して荒川を下り、荒川ロックゲートを通って番所橋船着場で下船しました。
この荒川の見学は、これまでにも2回企画をしたのですが、天候不順により実現できず、今回、3回目にしてようやく実現した企画です。

現在の荒川の下流域は、明治43年の大洪水が契機となって人工的に開削されました。その開削工事と共に建設された水門が旧岩淵水門で大正13年に完成しました。赤い色をしているので「赤水門」と呼ばれ、長く人々に親しまれてきました。昭和57年に建設された岩淵水門(青井水門)にその役目を引き継ぎ、今は稼働していませんが、経済産業省の近代化産業遺産に認定されています。水辺に朱色が映え、なかなか素敵な景色です。

岩淵リバーステーションから「あらかわ号」で荒川を下ると、途中、いくつも水門があります。荒川には多くの小さな川が合流していますが、小さな川との合流点にある水門は、荒川の増水時にこれらの川に水が逆流しないように食い止めたり、水量を調整する役割を果たしているそうです。

荒川には、道路橋、鉄道橋などとてもたくさんの橋が架かっています。五色桜大橋は、首都高速道路の橋ですが、橋自体が2階建てになっています。扇大橋のわきには、新交通システム日暮里舎人ライナーが走る橋がありますが、これはとても高いところを通っています。
対して、京成押上線の鉄道橋は橋脚も古く、かなり低い位置にあります。川岸の堤防を高くして治水の効果を上げるためには、鉄道橋も高くしなければなりませんが、鉄道橋は橋の部分だけを高くしては急勾配になってしまいます。橋に繋がる陸上の線路も高くしなければなりませんので、工事にはかなり時間がかかるそうです。

荒川ロックゲートは、船が水位の違う川に移動するためのエレベーターのようなものです。水位の高い荒川からゲートの中に入ります。このとき船は荒川の水位にいます。荒川側のゲートが閉まり、水位の低い旧中川側に水を放出し始めると、みるみる水位が下がっていきます。3メートル近くも水位が下がるのですが、当然、船も一緒に下がっていきます。下がりきったところで、旧中川側のゲートが開き、船は水位の低い旧中川に入ることができるのです。
荒川ロックゲートは水位差のある川を行き来することができる閘門で、災害時においては、水上輸送を利用した救援物資の運搬や被災者の救出などの活動が可能となり、防災ネットワークとしての役割が期待されています。
荒川ロックゲートを抜けると、まもなく終点の番所橋船着場に到着です。
 (2017年10月)