地域マネジメント学会
会長 黒川 弘
((公益財団法人)自転車駐車場整備センター特別参与、元三重県副知事・建設省都市局長)










































副会長 山本 俊哉
(明治大学理工学部建築学科教授)









事務局長 阿部 力也
(明治大学法科大学院教授)













ご挨拶



 平成29年度の当学会のHPの拡充強化にあたり、会長としての挨拶を申し上げます。
 当学会は13年前の平成16年4月、我々の生活の原点である地域社会のマネジメントについて、次のような新たな学問体系の構築と実践を目指し、大学等の研究者、行政や司法の関係者、事業者等の実務的な活動者、有識者等の幅広い期待を担い設立されました。

@ 都市・地域・地区(以下「地域」という。)を形成するハードとソフトの資産体系の適切な経営管理に関し、国際的な視野のもと幅広い学問的、科学的、実務的な調査研究を行う
A これらの分野に携わる大学などの研究者、企業・行政関係者、有識者、有資格者等による研究成果の発表と相互交流を行う
B ストック時代における地域資産の適正かつ有効な利活用を図り、防災防犯、情報システム、環境、福祉、伝統文化の承継等の諸問題についての課題を整理する
C 地域資産に係る関係の有資格者等の資質の向上と育成に寄与する
D 地域の経営管理に係る総合的な学問体系の確立、発展を期する
 そして、その実践のため毎年、講演やシンポジュウム、学術論文の執筆と学術大会での発表、学術学会誌の発行、見学会等を総合的に実施し、最近では、講演等のテーマでも「人口減少都市からの脱却豊島区の挑戦」「空き家と地域マネジメント」「地球温暖化と東京への影響」「防災を含むさいたま市の街づくり計画」などその時々の社会問題に取り組んきました。また、これらの情報発信では、一昨年以来論文の査読の強化を含む「創立十周年記念論文集」の発行、学会活動報告の学会誌と学術論文集を一体化した新学会誌「地域マネジメント研究」の発行に取り組み、ISSN対応を含め内容を充実し、また、HPも大幅に拡充強化しました。

 現下の我が国は、成熟社会、人口減少社会、少子高齢化社会、財政健全化目標、産業や観光等のグローバル化への対応、熊本地震や北部地域での異常豪雨などの異常気象の発生、世界での紛争や体制の変化の大きな流れの中で、ヒト・モノ・カネ・ジョウホウが世界を動き回るIT社会、情報化社会にも対応できるよう、地域マネジメントの分野でも具体的な実践と相互連携を強化することが重要です。政府でも26年には「まち・ひと・しごと創生法」を制定し、地域が主体となったまちづくり、「一億総活躍社会」を推進しています。

 当学会の今後の運営につきましても、地域や住民等がそれぞれ立ち上がり、協働し、住みよく、健康増進が期待でき、自然と共存でき、多世代の老若男女が助け合う「絆・きずな社会」の構築をめざす地域マネジメントが重要だと考えます。その際、都市再生、ストックの適正保全とその有効利用や流通の推進の工夫を含め、具体的事例や制度の研究、実践活動の支援に力を入れ、特に各委員会の活動の強化と若い研究者や事業者の協力を拡充します。
 「子どもは未来と国の宝・学生さんは街の宝・働く世代は社会の宝・高齢者は地域の宝」の気持ちで、「自立と連帯」の社会の構築に貢献したいと考えます。
 (2017年4月)



副会長ご挨拶



 当学会の活動の拡充に向けて、副会長として一言ご挨拶を申し上げます。
 当学会は、どちらかといえば、小さな学会ではありますが、地域マネジメントに関わる研究者と実務者等がそれぞれの専門領域を超えて学術的な研鑽を重ね、まさに領域横断的な学術的知見を見出し、広げる機会を提供しております。
 あらゆる分野においてグローバル化が進む中、地域が果たす役割がますます大きくなってきていることはいうまでもありません。当学会をはじめ地域関連の学会が増えていることがそれを物語っています。一方、「プランニングからマネジメントへ」といわれるように、そのマネジメントの重要性も高まっています。すなわち、科学的知見に基づいたPDCAのマネジメントサイクルのほか、地域における関係者の協働(コラボレーション)や、文字通り経営(マネジメント)の重要性も増しています。
 当学会は、学際的な研究を促す意味でも、間口を広げて研究発表と交流の場を用意しております。是非、当学会に参加して、多様な視点からの研究発表と交流を広げてください。
 (2017年12月)


事務局長ご挨拶



 地域マネジメント学会事務局長を務めます明治大学法科大学院の阿部でございます。平成29年度のご挨拶を申し上げます。専門は刑事法学ですので、一見すると、この学会とあまり関係がないように思われそうですが、「地域と防犯」、「犯罪のない街づくり」という観点から考えますと、刑事法学という領域においてもこの学会の果たす役割は大きいものがあると考えております。

 当学会も創立から13周年を迎えております。地域マネジメント学会の役割をふまえた「回顧と展望」が要請されるこの重要な時期に、事務局長という大役を仰せつかりましたことにあらためて身の引き締まる思いをいたしております。皆様のご指導の程よろしくお願い申し上げます。
 (2017年4月)